コンタクトはいつまで装着できますか?

How long can you wear contacts? - TA-TO.com

コンタクトレンズを交換するまでの装用期間は、医師から処方された種類によって異なります。 1日使い捨てレンズ、2週間使い捨てレンズ、1ヶ月使い捨てレンズです。 デイリーレンズは1日用で、隔週レンズは最長14日間、マンスリーレンズは最長30日間装用できます。 メーカーが指定する推奨着用時間を守ることが重要である。

デイリーレンズの場合、1日の最長装用時間は14時間です。 このレンズは、コンタクトレンズ液を使用したくない人に便利で、毎日新鮮なレンズが使用できる。 また、溶液に敏感な人やアレルギー体質の人にも適している。

隔週刊レンズは寿命が長く、最大14日間の装用が推奨されています。 これらのレンズのメンテナンスにはコンタクトレンズ液が必要だが、マンスリーレンズに比べて目に優しいことが多い。

最長30日間装用できるマンスリーレンズは、コンタクトレンズ装用者のコスト削減に役立つ人気のある選択肢です。 酸素の流れを妨げ、感染症、血管の拡張、炎症、視力低下などの目の問題を引き起こす可能性がある沈着物やタンパク質の蓄積を避けるため、推奨される装用時間に従ってレンズを交換することが重要です。

ほとんどの人は1日14~16時間コンタクトレンズを安全に装用することができますが、レンズなしで目が呼吸できるように、寝る前にコンタクトレンズを外すことをお勧めします。 慢性的なドライアイの人は、装用時間を1日数時間に制限する必要があるかもしれない。 不快感がある場合は、夕方早めにレンズを外した方がよい。

タイムリーに交換するためには、目覚まし時計でリマインダーを設定したり、リマインダーアプリを利用したりするのが有効だ。 コンタクトレンズの装用時間を延ばすことよりも、目の快適さと視力の長期的な健康を優先することを忘れないでください。

コンタクトレンズを安全に装用するためには、特定のガイドラインや推奨事項に従うことが重要です。 以下はその要点である。

1. コンタクトレンズを装着したまま眠ると、深刻な眼感染症のリスクが大幅に高まります。 FDA(米国食品医薬品局)が一晩中装用することを承認しているレンズもありますが、毎晩外すのに比べると合併症のリスクはまだ高いです。 延長装用レンズは所定のスケジュールに従って装用し、連続装用期間が30日を超えることはありません。

2. 推奨期間を超えてコンタクトレンズを装用すると、さまざまな問題が生じる可能性がある。 マンスリーレンズのつけすぎや、デイリー/バイウィークリーレンズの推奨装用時間を超える装用は、視界のぼやけ、灼熱感、乾燥、炎症を引き起こし、眼感染症のリスクを高めます。

3. 初めてコンタクトレンズを装用するときは、眼科医から提示された装用スケジュールに従って装用することが大切です。 レンズが不快に感じたり、充血したり、視界がぼやけたりした場合は、装用を中止し、眼科医にご相談ください。

4. コンタクトレンズには有効期限があり、通常はパッケージに印刷されています。 未開封のレンズは、使用期限まで3年持つ。 開封したレンズは、メーカーが推奨する装用時間(1日から2週間または1ヶ月)に従って交換する必要があります。 期限切れのレンズは決して着用しないでください。

5. コンタクトレンズの溶液は定期的に交換すること。 レンズは1週間以上溶液に浸したままにせず、装用前には新しい溶液を使用すること。 毎月レンズを装用する人は、1年間に約9本の溶液を使用することになる。 さらに、適切な衛生状態を維持するために、3ヶ月ごとにレンズケースを交換することが重要です。

6. カラーコンタクト、コスチュームコンタクト、装飾用コンタクト、美容用コンタクトは医療機器とみなされるため、取り扱いには注意が必要です。 目の感染症や視力低下を防ぐため、矯正レンズと同じように扱い、ケアする必要があります。

健康的なコンタクトレンズ装用を維持するために、次の5つのヒントを守ってください:

1. レンズはできるだけ夕方に外す。

2. 可能な限り、コンタクトをしたまま寝ることは避ける。 必要であれば、一晩中装用するために特別に設計されたレンズを使用する。

3. 充血、不快感、目のかすみ、光過敏症など、目に異常を感じた場合は、すぐにコンタクトを外してください。

4. 毎日使い捨て、隔週使い捨て、毎月使い捨てなど、コンタクトレンズの種類に応じた推奨装用時間を守ってください。

5. コンタクトを外したときに目がホッとするようであれば、それはコンタクトを長時間装着しすぎている証拠です。

これらのガイドラインに従い、適切なコンタクトレンズケアを実践することで、目の健康を維持しながら、安全で快適な装用感を得ることができます。

ブログに戻る